map01.png

野田北部の概要

野田北部は神戸市長田区の西、JR鷹取駅の東南に広がる12町面積13.48haの住宅地です。 野田北部という名称は、明治29年に神戸市に編入されたときの名称が野田村というところから来ています。 平成7年1月17日の阪神淡路大震災により、他の被災地区と同様にこの地域も大きく運命を変えることになり、住民参画によるまちづくりの道を歩み、野田北ふるさとネットを立ち上げ、現在にいたることとなりました。

その歩みと、現在を少しだけ紹介するホームページです。

位置・概要

JR神戸線鷹取駅 南側駅前

面 積:13.48ha(甲子園球場の3.5倍の広さ)

人 口:男-871人 女-971人 計1842人 (H27 国勢調査)

世帯数:843世帯 世帯人数 2.18人 (神戸市平均2.08人 長田区1.92人)